兵庫のピアノ引越し費用を安く抑えるには?

家賃がとにかく高かった

4年住んでいたマンションに不満もなく、引っ越すのがとても嫌でした。長いこと住んでいましたので、ご近所付き合いもありましたし、とても快適なマンションでした。
マンション自体には不満はありませんでしたが、家賃がとにかく高かったんですよね。
大きさ、広さは私たち家族4人に丁度良い広さでした。けれど、金銭的な面で避けては通れない引っ越しでした。”4年住んでいたマンションに不満もなく、引っ越すのがとても嫌でした。長いこと住んでいましたので、ご近所付き合いもありましたし、とても快適なマンションでした。
マンション自体には不満はありませんでしたが、家賃がとにかく高かったんですよね。
大きさ、広さは私たち家族4人に丁度良い広さでした。けれど、金銭的な面で避けては通れない引っ越しでした。
引っ越し先は狭くなることが確実でした。快適だったマンションから引っ越すのですから、やはり4人で住むのに窮屈過ぎないことを一番優先しました。
子供が二人おりますので、子供部屋が二人にとって快適であってほしいと願っておりました。
大きなマンションから小さなマンションに引っ越しをしたので、やはり今まであった荷物をどのように収納させるかに苦労しました。
いらないもの、使わないものは処分したり、人にあげたりしながら、整理整頓し、どんなものでも最小限にしました。
人は追い詰められたら、最小限のもので生活できる、また小さければ小さいなりに工夫して快適に生活できるということを身に付けました。
今までは余裕があったけど、今は住まいに余裕があまりないのが現状です。だからこそ、どんあスペースも無駄にせずにきっちり使い収納するようになりました。
自分の使いやすいように何度もものを出し入れしていますが。
余分なものは必要ない、毎日に必要なものはわかっていますよね、それだけがあれば、十分に生活できるのです。

引っ越し先は狭くなることが確実でした。快適だったマンションから引っ越すのですから、やはり4人で住むのに窮屈過ぎないことを一番優先しました。
子供が二人おりますので、子供部屋が二人にとって快適であってほしいと願っておりました。
大きなマンションから小さなマンションに引っ越しをしたので、やはり今まであった荷物をどのように収納させるかに苦労しました。
いらないもの、使わないものは処分したり、人にあげたりしながら、整理整頓し、どんなものでも最小限にしました。
人は追い詰められたら、最小限のもので生活できる、また小さければ小さいなりに工夫して快適に生活できるということを身に付けました。
今までは余裕があったけど、今は住まいに余裕があまりないのが現状です。だからこそ、どんあスペースも無駄にせずにきっちり使い収納するようになりました。
自分の使いやすいように何度もものを出し入れしていますが。
余分なものは必要ない、毎日に必要なものはわかっていますよね、それだけがあれば、十分に生活できるのです。

進学と就職

引っ越しのきっかけは進学と就職でした。進学は実家とは別の県へ、就職は進学先と同一県内で別地域になったのでそれぞれ引っ越しをしました。
実家から進学先への引っ越しは比較的楽に感じました。生活に必要なものだけ持って行けばよいし、初めての一人暮らしだったため家電は進学先の電気屋で購入した為、荷物が少なく済んだからです。
対して就職先への引っ越しは大変苦労しました。まず、大学4年間で増えた荷物を移動させるのは手間がかかるため、ある程度荷物を処分しないといけなかったことです。実家からの引っ越しであれば、ある程度は実家に残してくることができるのですが、アパートに残していくわけにはいかないので、本当に必要なものを厳選して持っていくのは大変でした。不要なものはサークルの後輩に譲ったり、大学が主催しているリサイクル市に出品しました。また、就職先への引っ越しは今まで使った家電をそのまま持っていくことになったので、その移動にも苦労しました。特に冷蔵庫等は重量がかなりあるので動かすのが大変でした。
以上の経験から、普段から物の選別、最近話題の断捨離を行って必要なものだけを部屋に置いて生活をしていくことが必要だと感じました。捨てにくい思い出の品は実家に置いておくと引っ越しのたびに持っていく必要がないし、実家に帰省するきっかけにもなります。引っ越しの時に楽なのに加えて、部屋がきれいになるので頭の中の整理もすることができ、すっきりとした気持ちで生活することができるのでお勧めです。

箱詰め作業

私が引越ししたのは新しい生活をするためです。実家の近くで仕事を探していましたが、就職難でどうしても良い職場が見つかりませんでした。ですから街の方で一人暮らしをして仕事探しをすることになったのです。資金は親に工面してもらって、お金を借りるという形で助けてもらいました。そして引越しをすることになったのです。最初は自分一人で引越し作業をするという無茶なことを考えていました。でもさすがにそれは親や友だちに止められました。手が空いている友達が手伝ってくれるということになって助かりました。
引越しをする前に気を付けたのが運ぶものの箱詰め作業です。向こうに持って行って荷解きするときに箱に何も書いていなかったら片づけにくいと思いました。ですので、荷造りしたら箱ごとに何が入っているのか分かるように詳細に書くようにしました。そうすると後が楽だと思ったからです。ですがこれが大変で思った以上に持っていく荷物が多くなってしまって、時間がかかりました。割れ物はネットで調べたら必ず包装することと書いてあったので新聞紙でしっかりと包んでいれてこれも大変でした。引っ越し準備にすでに苦労しました。ダメだったのが計画性のなさです。私は計画的に予定をたてていなかったために、荷造りに時間がかかりすぎて引越しの日をずらして手伝ってくれる友達に迷惑をかけてしまいました。計画性の大切さをすごく感じました。
ですから引越しの際には必ず引越し計画を立てましょう。準備は早い方がいいです。早めに準備しておいたらスムーズに引越し作業ができるので、そのようにしてください。くれぐれも私のように周りに迷惑をかけないように気を付けてください。

同居を機に

彼氏と付き合い始め、お互い狭いワンルーム住まいだったので広いファミリー物件で同棲することになりました。
住んでいた家がお互いユニットバスだったので、広いお風呂とトイレ別を条件に探しました。
人手は彼の友人3人にお願いして、車は会社の商業バンを使って引越しをしたんですが、みんなあまり体力がなくて大変でした。また、ワンルーム同士とはいえ荷物の量が思ったより多く、新居と前の家を何度も往復し、予定の時間をかなりオーバーしてしまいました。
一番困ったのが、洗濯機や冷蔵庫などは二つ揃ってしまい、当面二つ並べて生活をしなくてはいけなかったことです。後日たまたま通りかかった古物引取り業者に引き取ってもらいましたが、高額でびっくりしてしまいました。
新居で不要になるものは、あらかじめ処分しておくなど極力荷物を少なくしておいたほうがいいです。要るだろうと思って残しておいても、全然手付かずのダンボールがまだあります。また、古くなった電化製品など、引越しを機に処分して買い替えるのも手だと思います。家電量販店などで前もって購入しておき、取り置きや配達指定日で置いておいてもらえば、古い物は無料で引き取ってもらえます。
自分たちで引越しをする場合は、作業に慣れている人や体力のある人などを考えてお願いするといいと思います。また、作業後の食事やお礼などはもちろんですが、作業前に集まって軽く食事でもしながら段取りを考えたりすると、頼むほうも頼まれるほうもスムーズに進むかもしれません。